50キロ離れた伊佐まで火山灰が…桜島で爆発、噴煙2800メートル

 2022/08/02 21:33
屋外の車に付いた灰=2日正午ごろ、伊佐市
屋外の車に付いた灰=2日正午ごろ、伊佐市
 鹿児島県の桜島南岳山頂火口で2日午前1時ごろ、噴煙が高さ2800メートルまで上がる爆発があり、降灰が約50キロ北の伊佐市に達した。噴煙の高さは1月28日の3400メートルに次ぎ今年2番目。鹿児島地方気象台によると、大きな噴石が火口から千〜1300メートル飛んだ。

 普段は降灰と無縁の伊佐市では朝から洗車機に列ができた。同市大口里のガソリンスタンドのスタッフ面高翼さん(31)は「こんなに並ぶことはめったにない。降灰が続くと週末が大変なことになりそう」と話した。