「8月3日」何の日? 甘みスッキリ、優しい香り…天文館はちみつ マルヤガーデンズ販売 城山ホテルは「森の純粋蜂蜜」

 2022/08/03 12:26
販売される天文館はちみつ(マルヤガーデンズ提供)
販売される天文館はちみつ(マルヤガーデンズ提供)
 「はちみつの日」の8月3日、鹿児島市の天文館と城山で採れた蜂蜜を、マルヤガーデンズや城山ホテル鹿児島で販売する。毎年取り組む「みつばちプロジェクト」の一環。

 11年目の天文館では3月から養蜂を始め、約190キロを採取した。今年はクロガネモチなどをベースに、すっきりと上品な甘みと優しい香りが特徴という。

 「天文館はちみつ」(160グラム、千円)として、マルヤと山形屋で各375個、天文館まちの駅ゆめりあで50個限定で販売する。1人2個まで。マルヤではパンや菓子店のスイーツ、山形屋では金生まんじゅうに蜂蜜を使った商品を扱う。

 城山ホテル鹿児島では「城山の森の純粋蜂蜜」(100グラム、1404円)を数量限定で販売する。同ホテルのプロジェクトは3年目。今年は県内の小学生16人が蜜の採取を体験した。3日には蜂蜜を使ったスイーツ作りにも挑戦する。