増水した川「釣り人の姿が見当たらない」 85歳男性が通報、流されけがで動けない90代男性救助につなぐ

 2022/08/05 15:19
迅速な通報で感謝状を贈られた大川重吉さん=指宿市の指宿警察署
迅速な通報で感謝状を贈られた大川重吉さん=指宿市の指宿警察署
 鹿児島県警指宿警察署は増水した川に流された男性の救助に貢献したとして、指宿市山川成川の大川重吉さん(85)に感謝状を贈った。

 指宿署によると、6月17日午後0時半ごろ、「近くの鳴川で釣りをしていた人が見当たらない」と、大川さんから同署に通報があった。署員が捜索し30分後に下流の岩場で腕や顔をけがして動けなくなっている鹿児島市の90代男性を発見。男性は低体温症になっていて、迅速な通報が救助につながった。

 贈呈式は7月26日あった。大川さんは「自宅前の川によくウナギ釣りに来る人で、川が増水した後に姿が見つからず心配になった。助かって良かった」と話した。