旧統一教会関連イベントの後援、鹿児島県が取り消し 昨年の「ピースロード」出発式で塩田知事代理が祝辞 今年は大会中止

 2022/08/11 15:30
2021年7月のピースロード鹿児島県大会で掲げられた横断幕
2021年7月のピースロード鹿児島県大会で掲げられた横断幕
 鹿児島県は10日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)関連団体のイベント「ピースロード」鹿児島大会の昨年と今年の後援を同日付で取り消したことを明らかにした。県国際交流課は「主催が関連団体と確認されたことなどから判断した」としている。

 県は昨年、同イベントの出発式に塩田康一知事が出席予定だったが、災害対応で欠席し、代理が祝辞を読んだ。今年は大会が新型コロナウイルス感染拡大で中止された。県は「補助金など予算の支出はない」としている。10日、関連団体の後援が他にもないか全庁的な調査を始めた。

 同イベントは鹿児島、姶良、霧島の3市も後援していたが取り消した。