宮崎県知事選 東国原氏が立候補表明 「県民に前向きな明かりともす」

 2022/08/17 18:15
宮崎県知事選挙への立候補を表明した東国原英夫氏=宮崎市のホテル
宮崎県知事選挙への立候補を表明した東国原英夫氏=宮崎市のホテル
 タレントで前宮崎県知事の東国原英夫氏(64)は17日、宮崎市で会見し、任期満了に伴う宮崎県知事選(12月8日告示、25日投開票)に立候補する意向を正式表明した。

 同知事選には現職の河野俊嗣知事(57)が4選を目指し、立候補する考えを示している。

 東国原氏は立候補を決めた理由に「知事を1期でやめたことで、県民に申し訳ない気持ちを持っていた。この気持ちで死んでいくのは一番の後悔になると考えた」と述べた。最優先の政策課題に人口減少対策を挙げた上で、「新型コロナやウクライナ情勢などで地方経済は疲弊している。県民に未来志向の前向きな明かりをともしたい」と意欲を示した。

 東国原氏は2007年に同知事選に初めて立候補し当選、1期4年務めた。東国原氏の事実上の後継候補として10年の知事選で河野氏が初当選した。