〈アラフォー記者がコロナになって考えた〉40度の熱、1人暮らし、このまま意識を失ったら… 誰かにうつす心配はないけど心細い

 2022/08/21 21:21
発熱から丸1日は40度前後の高熱が続き、冷却シートや解熱剤が欠かせなかった
発熱から丸1日は40度前後の高熱が続き、冷却シートや解熱剤が欠かせなかった
 新型コロナウイルス流行「第7波」真っただ中の7月末、鹿児島市で新聞記者をしている私(39)は初めてコロナに感染した。11日間に及んだ1人暮らしの自宅療養。同じような立場で感染する人の参考に少しでもなるのならと思い、経験の一部を紹介したい。

 38度8分。7月30日土曜日の朝、急な発熱から始まった。風邪のようなだるさと、のどに軽い痛みも感じる。前夜まで異常はなかったのに。県内では26日に新規感染者が初めて3000人を超えたばかり。「ついに来たか」と発熱外来を探すことにした。

 市の保健所には電話がつながらず、インターネットで「発熱外来 鹿児島市」と検索。表示された病院に片っ端から電話を入れるが、どこも「予約でいっぱいです」。明日は日曜日。あきらめるわけにはいかない。7、8軒目だったか、ようやく「車で来られるなら」と、車内でPCR検査が受けられるクリニックを見つけた。

■冷却シートに救われた

 熱にうなされながら慎重に運転した。車で5分。結果的に近所の病院で検査ができて本当に助かった。

 駐車場は満車に近く、車内で検査を受ける人たちが待機していた。到着後も病院とのやり取りは基本的に携帯電話。自前のボールペンと保険証を持参するよう事前に伝えられていた。待つこと数十分。窓越しに検査をしてくれた医師に「結果は翌日になる」と告げられる。

 昼過ぎ、自宅に戻ると熱は40度以上になっていた。5、6時間おきに解熱剤を飲んでも、丸1日は40度前後が続いた。常備しておいた冷却シートと保冷剤で頭や脇の下を冷やす。食欲もなくなったので、ゼリーやスポーツドリンクも役立った。

 次の日の午前中、病院から電話があった。「陽性です」。熱が下がらずどんどん気弱になるところへ「3日ほどで熱が下がる方が多いですよ」と医師が言ってくれた。少しほっとした。

 それでも、もし急に血中酸素濃度が下がったり、さらに熱が上がったりして意識を失ったら、誰か気付いてくれるのだろうか…と不安がよぎる。家族らへの連絡はこまめにしよう。考えすぎはよくない。とにかく眠ることにした。

■連絡は原則メール

 夕方になって、市保健所からショートメッセージが携帯に届いた。「電話での連絡はいたしませんので、必ず内容をご確認ください」とある。専用フォームにアクセスし、その日のうちに「基本情報」を入力、翌日以降も毎日「健康観察」を書き込む仕組みだ。

 「基本情報」には名前や生年月日、住所などのほか、同居家族以外の濃厚接触者の有無と人数を書く欄があった。どこまでを濃厚接触者とするのかが分からず答えられなかった。

 同じ頃、幼稚園児2人を育てる同世代の知人も感染して自宅で療養していた。自身の熱が下がったと思ったら、5歳の娘が発熱。具合が悪い中、続けて検査を受けに行ったり看病したりで「疲弊した」そうだ。1人暮らしは心細いが、誰かにうつす心配はない。マイペースで養生できる。とは言っても、まだ陽性になって1日なのだが。