ミニバイク2段階右折で警察が「誤摘発」 鹿児島市の交差点 手続きに不備? 違反成立せず

 2022/09/13 11:31
 鹿児島市の「法文学部前交差点」で、2段階右折をせずに右折したミニバイクの運転手に、県警が交通違反に当たるとして誤って摘発していたことが12日までに分かった。

 現場は片側3車線の交差点。道交法は片側3車線以上でミニバイクの2段階右折を義務付け、本来は2段階右折が必要な道路になる。だが、県警の手続きに不備があったとみられ、交通違反が成立せず、「誤摘発」になった。現在は2段階右折しないと違反になる。

 交通違反は、警察が規制の種別や場所などを公安委員会に上申し、公安委の決定を経ることなどで取り締まりが可能になる。

 同交差点で2019年に摘発された男性によると、反則金6000円を納付。5年の免許更新が3年になった。今年8月、県警から「公安委の決定がなされておらず、違反は成立しない」と連絡があった。反則金、免許更新時の講習代の返金手続きが行われたという。

 県警は「誤摘発」した件数の割り出しを進めているとみられ、交通規制課は「調査結果がまとまり次第発表する。現時点で個別の事案については回答を控える」としている。

 県警は昨年、奄美市と鹿屋市で公安委の決定と一致しない道路標識設置に伴い、誤摘発があったと公表。同様の事案がないか調べており、今回のケースも一連の調査で発覚したとみられる。