大型で非常に強い台風14号、3連休に接近か 運動会の日程変更相次ぐ 観光もキャンセル続々「書き入れ時なのに」 鹿児島県内

 2022/09/17 08:30
台風接近の予報を受け、体育大会用に準備したテントの撤収をする生徒たち=鹿児島市の武中学校
台風接近の予報を受け、体育大会用に準備したテントの撤収をする生徒たち=鹿児島市の武中学校
 大型で非常に強い台風14号が17日からの3連休に鹿児島県に接近する見通しとなり、県内の学校では予定していた運動会の延期・繰り上げの決定が相次いだ。ホテルでは予約キャンセルの電話がひっきりなしに鳴り、関係者は「書き入れ時として期待していたのに」と肩を落とした。

 鹿児島市の武中学校は、18日の体育大会を19日以降に順延する。校庭に設置していたテントは16日にいったん撤去。1、2年生が天幕を外して骨組みを解体した。2年生の吉田杏さんは「延期になって戸惑いはあるけど、みんなで気持ちを高めて本番を迎えたい」と力を込めた。

 19日午後への延期を決めた現和小学校(西之表市)の横山政文校長は「練習を重ねた児童のために、いいコンディションで実施できれば」。17日午前に繰り上げる川内中央中学校(薩摩川内市)の荒殿博昭教頭は「延期すると生徒のモチベーションも違ってくる。懸命に練習してきた成果を出し、完全燃焼してほしい」と語った。

 観光地にも影響が広がっている。

 奄美市の山羊島ホテルでは、ほぼ満室だった17、18日の予約が軒並みキャンセル。従業員は16日、正面出入り口を固定したり停電に備えてトイレ用の水を容器に確保したりと対策に追われた。碩朋美副支配人(56)は「せめて停電で宿泊客に影響が出なければいいが」と不安な表情を見せた。

 南大隅町のねじめ温泉ネッピー館もキャンセルが相次いだ。町ではコロナ禍で苦しむ宿泊業、飲食業を支援する割引キャンペーンが始まったばかり。鶴長恒喜館長(59)は「楽しみにしていた住民や観光客もいた。連休で人が集まる時期だけに残念」。

 屋久島町のレンタカー会社「ナビ」も利用者への対応に追われ、藍染ゆかり代表(59)は「予定を切り上げて島を離れる人には現金で返金している。自然のことだから仕方ないが、商売的には踏んだり蹴ったり」と疲れた様子。指宿海上ホテル(指宿市)の西浩二社長(67)は「8月は新型コロナの影響でキャンセルが相次ぎ、今度は台風。次の3連休は影響がないように願っている」と話した。