メガソーラー建設現場で土砂崩れ 原因は不十分な排水管理、鹿児島県が大阪市の事業者に措置勧告

 2022/09/22 08:23
(記事と写真は関係ありません)
(記事と写真は関係ありません)
 姶良市上名の山林にある大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設現場で7月下旬に土砂崩れが発生し、鹿児島県は開発を進める事業者の排水管理が不十分だったことが原因とし、再発防止と近隣住民への丁寧な説明を求める措置勧告をしたことが21日分かった。

 計画を進めているのは大阪市の企業。2019年に一帯の約25ヘクタールで県の林地開発許可を受け、21年7月に着工した。発電出力1万8200キロワットで、23年1月末までの完成を目指す。

 県森づくり推進課によると、土砂崩れは大雨が降った7月18、20日の明け方に計2回発生。斜面や堤防部分の約100平方メートルが崩れ、近隣の田畑約5000平方メートルに流れ込み、倉庫2棟が全壊、農機具12台が損壊した。人的被害はなかった。現地調査や事業者への聞き取りの結果、雨水を排出する仮設の排水管が詰まっていたことが判明した。

 勧告は8月3日付。堤防の復旧や排水設備の新設、土砂の除去を済ませ、報告書を提出するまで工事を再開しないよう指導した。県議会一般質問で米丸麻希子議員(自民、姶良市区)に答弁した。