ハワイアンバンドが結成60年コンサート 平均年齢76歳「若い人に浸透させたい」 鹿児島市

 2022/10/02 11:00
甘い音色を奏でるハワイアンパラダイスのメンバー=鹿児島市金生町のよかど鹿児島
甘い音色を奏でるハワイアンパラダイスのメンバー=鹿児島市金生町のよかど鹿児島
 鹿児島市のよかど鹿児島で、ハワイアン音楽を愛するシニアバンド「ハワイアンパラダイス」の60周年記念コンサートがあった。新型コロナウイルスによる延期を受け、3年越しの開催。大勢のファンが駆けつけ、ウクレレやスチールギターの甘い音色に癒やされた。

 リーダーの田中健作さん(82)が早稲田大学生だった1960年、県出身学生に声をかけ結成した。帰郷後に再結成し、何度かメンバーの入れ替わりを経た現在は、70代を中心とする6人で月2、3回の練習に励んでいる。平均年齢は76歳。

 田中さんが作詞作曲した「恋の指宿」を始め、バンドのOBやフラダンサーをゲストに迎え計28曲を披露した。2階まで埋まった観客は、手拍子で会場を盛り上げた。鹿児島市高麗町の西元宏海さん(78)は「学生の頃から続けるのはたいしたもの。これからも応援したい」と話した。

 田中さんは「ハワイアン音楽が好きだから今日を迎えられた。次は70周年を目指し、若い人に浸透させたい」と話した。コンサートの物販売り上げは、市社会福祉協議会に寄付する。