JR肥薩線の吉松-隼人 午後4時ごろまで運転見合わせ 車輪が空転、朝露や落ち葉影響か

 2022/10/02 12:05
 2日朝、JR肥薩線の栗野-日当山で、朝露や落ち葉によるとみられる車輪の空転が複数の列車に発生し、運休や遅れが出ている。JR九州によると、落ち葉などの処置のため、肥薩線の吉松-隼人は午後4時ごろまで上下線とも運転を見合わせる。同区間は台風14号で被災し、2日に運転を再開したばかりだった。

 車輪の空転は、同日午前5時35分ごろ栗野-大隅横川で吉松発隼人行き普通列車(1両編成)と、午前6時ごろ日当山-表木山で隼人発吉松行き普通列車(2両編成)で発生した。乗客計7人にけがはなかった。