野外炊飯車も出動…子ども食堂で海自特製カレーふるまう 奄美の部隊が全面協力

 2022/10/03 20:45
多くの親子連れらでにぎわった「島カレーこども食堂」=瀬戸内町古仁屋
多くの親子連れらでにぎわった「島カレーこども食堂」=瀬戸内町古仁屋
 鹿児島県内の子ども食堂を支援し、役割を理解してもらう活動に取り組むNPO法人「たくして」(鹿児島市、園田愛美理事長)が「島カレーこども食堂」を瀬戸内町古仁屋の古仁屋漁港で開いた。親子連れらが「おいしい」と喜び、会場に笑顔が広がった。

 地元の「こどもたぬき食堂」(長井聡子代表)が協力し、フードバンク奄美が食材を提供した。9月24日にあり、海上自衛隊奄美基地分遣隊が特製カレーを作り、陸上自衛隊瀬戸内分屯地は野外炊事車でご飯を炊くなど本格的。約250食が完食となった。

 園田理事長(42)は「食堂が子どもだけでなく、地域みんなの交流・見守り拠点と実感してもらえたのではないか」と満足そう。近くの主婦惠美穂さん(47)は長男凪希ちゃん(4)と参加し、「新型コロナウイルス禍で最近イベントが少なかったので楽しい」と話した。

 あわせて読みたい記事