宮崎県知事選 さくらパパ横峯良郎氏が立候補表明 「最低賃金を1300円に」 選挙運動はSNSで 鹿屋出身

 2022/10/14 10:20
宮崎県知事選への立候補を表明する横峯良朗氏=13日、宮崎市
宮崎県知事選への立候補を表明する横峯良朗氏=13日、宮崎市
 女子プロゴルファー横峯さくら選手の父親で元参院議員の横峯良郎氏(62)=鹿児島県鹿屋市出身=は13日、任期満了に伴う宮崎県知事選(12月8日告示、25日投開票)に立候補する意向を正式表明した。宮崎市で会見した横峯氏は「疲弊した宮崎を何とかしたい」と語った。選挙運動は交流サイト(SNS)中心に行う方針。

 政党に推薦など求めず無所属で出馬する。前回は30%台に落ち込むなど投票率が低迷する知事選に立候補することで、有権者の関心を高めたいと強調。政策課題に「現在853円の最低賃金を1300円にし全国下位の県民所得を引き上げる」と訴えた。

 串良商業高卒。2007年、旧民主党から参院選比例代表に立候補し、1期務めた。宮崎市でゴルフ練習場を経営している。

 知事選には4選を目指す現職河野俊嗣氏(58)、元職東国原英夫氏(65)も出馬を表明している。