価格高騰で家計切迫 緊急支援給付金5万円 鹿児島市がコールセンター開設 約10万世帯対象

 2022/11/01 12:08
 鹿児島市は11月1日から、電力やガス、食料品の価格高騰対策として住民税非課税世帯などに5万円を支給する緊急支援給付金の相談に応じるコールセンターを開設している。

 給付対象は住民税非課税世帯が約8万8000世帯、物価高騰で家計が切迫し、同世帯と同様の事情が認められる約1万1000世帯。コールセンターは16回線を設ける。

 市は4日、住民税非課税世帯への確認書の発送を始め、7日以降に配達される予定。家計切迫の世帯は申請が必要で、期間は7日~来年1月31日。給付は11月下旬から始まる。

 コールセンター=099(808)2680。平日(午前8時半~午後5時15分)のみで、土日曜・祝日と12月29日~来年1月3日は除く。