「米軍がいて当然の世の中は異常」 鳩山由紀夫元首相が米軍依存からの脱却訴え「武力による平和はもろい」

 2022/11/13 07:30
日本の安全保障について語る鳩山由紀夫元首相=12日、鹿児島市
日本の安全保障について語る鳩山由紀夫元首相=12日、鹿児島市
 鳩山由紀夫元首相は12日、鹿児島市で講演した。西之表市馬毛島への米軍機訓練移転と自衛隊基地整備計画などに触れ「米軍がいて当然の世の中になっており、世界の歴史から見ても異常。米軍依存を減らす努力が必要だ」と述べた。

 台湾情勢を巡る米中の緊張関係を念頭に「米国が中距離弾道ミサイルを配備するとなったとき、日本は米国の言いなりにならずに断れるのか」と強調。「武力によってつくる平和はもろい。北朝鮮や中国、ロシアといった周辺諸国と仲良くし、日本の安全保障の考え方を根本的に変えていくべきだ」と指摘した。

 来年4月の県議選立候補予定者の後援会が主催する集会で語った。