無人販売所に乳児置き去り 発生2カ月、現場付近で検問、チラシ配布 「両親は一日も早く名乗り出て」 鹿児島市

 2022/11/16 21:44
乳児が置き去りにされた無人販売所前で検問する鹿児島西署員=16日、鹿児島市西別府町
乳児が置き去りにされた無人販売所前で検問する鹿児島西署員=16日、鹿児島市西別府町
 鹿児島市西別府町の無人販売所に生後間もない男児が置き去りにされた事件は16日、発生から2カ月を迎えた。鹿児島西署は寄せられた情報の掘り下げやドライブレコーダーの解析などを進めているが、遺棄した人物の特定には至らず、情報提供を呼びかけている。

 同署は16日、遺棄されたとみられる時間帯に合わせ、午後2時半~4時半、無人販売所近くの2カ所で車両検問をした。ドライブレコーダーの有無や当日の現場の様子を聞き、用意したチラシ約300枚を配った。運転者からは早期解決を願う声が上がった。

 9月16日午後5時15分ごろ、布のようなものにくるまれた裸の男児が、花や苗を売る無人販売所のかごに置かれているのを管理人女性が発見した。現場は岩屋口交差点近くの市道沿い。男児の健康に問題はない。

 同署は事件前後の現場周辺の様子や、出産後に赤ちゃんを見掛けていない、妊娠している様子がうかがえていても健診に行っていない―などの情報を求めている。

 小林正樹副署長は「男児の両親は一日も早く名乗り出てほしい。さ細な情報でも寄せてもらえたら」と話した。同署=099(285)0110