【馬毛島基地計画】容認へ傾く西之表市長…反対派に失望広がる 賛成派も「住民説明会はガス抜き」

 2022/11/21 09:05
説明会で質問をするために挙手する市民=20日、西之表市の市民会館
説明会で質問をするために挙手する市民=20日、西之表市の市民会館
 鹿児島県西之表市馬毛島への米軍機訓練移転と自衛隊基地整備計画を巡る市の説明会は、計画賛成派と反対派で明暗が分かれた。八板俊輔市長から米軍再編交付金の受け取り意向と使途の方向性が示された賛成派。計画不同意とした市長選公約との整合性を問う反対派は、「現実の動きに対応した」とかわされる。計画の主導権を防衛省に握られ、歯止めをかけられない市の現状が改めて浮き彫りになった。

 焦点の一つは、9月議会に提案した馬毛島小中学校跡地などの市有地売却と、馬毛島3市道廃止の方針に対する釈明だった。八板市長は「計画への賛否判断と切り離した行政手続き」とし、「申請者(防衛省)に瑕疵(かし)がなく、売買条件が妥当であれば止める法的根拠はない」と述べた。

 説明会で市側は、政府が馬毛島買収を発表した2019年12月以降の動きや、防衛省の環境影響評価(アセスメント)準備書に記載された航空機騒音予測、再編交付金の概要を解説。その後、約1時間半~2時間にわたり質疑があった。

 反対派が立つ場面が多く、昨年の市長選で計画反対を掲げた八板市長の政治姿勢をただした。八板市長の回答は「公約は常に頭にある」「市民の安心安全の確保が第一」と従来通り。辞任要求は「市民の期待に応えるべく職責を果たす」と突っぱねた。

 「結局は国に従うしかなく、誰が市長でもこういう状況になっただろう。不満のガス抜きのようだ」と計画に賛成する建設業男性(63)。反対派の自営業男性(50)は「内容に新味はない。説明会をやった、という事実をつくりたいのか」と失望感をにじませた。

 八板市長に対して、反対派の一部がリコール(解職請求)手続きを進めている。これまで反対運動を主導してきた市民団体も「本音が全く聞けなかった」とし、辞任を求める文書を提出する構えだ。こうした動きについて、八板市長は報道陣に「いろいろな考え方がある。それぞれの動きを注視したい」と語った。

 会の終盤、八板市長や大平和男副市長の同級生という農業男性(68)の悲痛な叫びが響いた。「大事なのはおまえの正義や。反対するなら一生懸命しないとだめやっど。涙を流すぐらい頑張ってくれよ。賛成派にも反対派にもよか格好して八方美人、俺に言わせれば八方ふさがりやろうが」