出水の養鶏場で鳥インフル3例目か 47万羽飼養

 2022/11/26 18:17
2例目の鳥インフルエンザが発生した鶏舎内で鶏の殺処分に当たる作業員=25日、出水市(県畜産課提供)
2例目の鳥インフルエンザが発生した鶏舎内で鶏の殺処分に当たる作業員=25日、出水市(県畜産課提供)
 鹿児島県は26日、出水市野田にある養鶏場で鳥インフルエンザの疑い例が確認されたと明らかにした。遺伝子(PCR)検査で陽性となれば、県内養鶏場での発生は今季3例目。

 県畜産課によると、疑い例が出たのは、2例目の発生農場から半径3キロ内にある採卵鶏農場で47万羽を飼養している。