メモを手に「電子マネー6万円買いたい」と言う高齢者 ローソン店長は放っておかなかった

 2022/11/27 21:15
有村和行署長(左)と表彰状を受け取った白井己年さん=24日、鹿屋市の鹿屋警察署
有村和行署長(左)と表彰状を受け取った白井己年さん=24日、鹿屋市の鹿屋警察署
 鹿児島県警鹿屋警察署は24日、うそ電話詐欺の被害を防いだとして、ローソン垂水新城店店長白井己年(みとし)さん(60)に感謝状を贈った。同署で表彰式があり、有村和行署長が手渡した。

 白井さんによると、2日午後5時ごろ、80代男性がメモ紙を手に6万円分の電子マネーを購入しようとしたため声をかけた。「パソコンに写った電話番号に連絡し、指示通り手続きをする」と話したため詐欺を疑い、警察に通報した。

 10月末時点で、県内のうそ電話詐欺被害総額は約5431万円。白井さんは「身近にこうした被害はあると実感した。安心して買い物ができるよう従業員とも経験を共有した」と話した。