奄美・87歳女性刺殺 24歳男性に無罪判決 鹿児島地裁

 2022/11/28 15:00
 鹿児島県奄美市名瀬小俣町で2019年6月、1人暮らしの女性=当時(87)=が自宅で刺殺された事件で、殺人と住居侵入の罪に問われた住居不定、無職の男性(24)の裁判員裁判判決公判が28日、鹿児島地裁であり、中田幹人裁判長は無罪を言い渡した。検察側は懲役20年を求刑していた。

 起訴状などによると、被告は19年6月13〜14日ごろ、近くに住んでいた無職の女性方に玄関引き戸から侵入し、右鎖骨上部などを刃物のようなもので複数回突き刺し、出血性ショックで死亡させたとされる。