田の神さぁも小学生の力走を応援、先導は神村陸上部 蒲生漆地区で初の駅伝大会

 2022/11/30 12:33
地域の田の神が見守る中、力走する児童ら=27日、姶良市蒲生
地域の田の神が見守る中、力走する児童ら=27日、姶良市蒲生
 鹿児島県姶良市蒲生の山あいに田んぼが広がる漆地区で27日、「第1回姶良市近隣選抜小学生駅伝大会」があった。地域活性化につなげようと、漆校区コミュニティ協議会などが企画。地区に伝わる田の神11体が会場で見守る中、市内小学校やスポーツクラブから参加した8チーム40人が健脚を競った。

 初開催の大会は「田の神さぁ駅伝」と名付けられた。例年「田の神さぁサミット」を開くコミュ協と、県下一周駅伝姶良チームの合宿を漆に誘致した「あいら健康スポーツ文化21」(深浦卓二代表)が主催した。

 学校規模によって3部門に分かれて実施。地域の日本体育大学関係者の尽力もあり、それぞれ同大出身の有森裕子(女子マラソン五輪銀メダル)杯、具志堅幸司(男子体操五輪金メダル)杯、山口良治(元伏見工業高校ラグビー部総監督)杯として表彰。ドラマ「スクール☆ウォーズ」のモデルにもなった山口さん(79)=京都市=が駆け付け大会を見守った。全国高校駅伝に出場する神村学園(いちき串木野市)陸上部メンバーが先導を務めた。

 漆小3年の佐藤梛ノ介君は「たくさんの応援があったのでラストスパートを頑張れた」。コミュ協の松永政裕会長(74)は「地域の協力で開催できた。来年は参加を増やし、米どころの美しい田園風景をもっとPRしたい」と話した。