下野竜也さん指揮の歌劇「蝶々夫人」 来年3月、鹿児島市で上演 「全身全霊かけて頑張る」 鹿児島オペラ協会50周年記念

 2022/12/02 09:26
鹿児島オペラ協会の会見で公開される下野竜也さんのビデオメッセージ=1日、鹿児島市の県庁
鹿児島オペラ協会の会見で公開される下野竜也さんのビデオメッセージ=1日、鹿児島市の県庁
 鹿児島オペラ協会(高風勝治理事長)と同協会創立50周年記念公演実行委員会(伊牟田均委員長)は1日、2023年3月上演の歌劇「蝶々(ちょうちょう)夫人」について県庁で会見した。指揮を務める下野竜也さん(52)=鹿児島市出身=がビデオメッセージを寄せ、「全身全霊かけて公演の成功に向けて頑張っていきたい」と抱負を述べた。

 下野さんは、鹿児島大学在学中にオペラ協会で、大道具や演出の手伝いをしていたことを紹介。「初めて見た本格的なオペラも協会の公演だった。その場に参加できることをとてもうれしく思う」と話した。

 公演はダブルキャストで3月11、12日の2回、いずれも同市の川商ホールである。演出は岩田達宗さん。チケット一般販売は1日始まった。事務局=080(6454)8384。