藤井竜王、指宿で初防衛なるか 2日から竜王戦第6局「注目に応える熱戦にしたい」

 2022/12/01 22:05
竜王戦第6局に臨む藤井聡太竜王(右から2人目)と広瀬章人八段(左から2人目)=1日午後7時20分、指宿市の指宿白水館
竜王戦第6局に臨む藤井聡太竜王(右から2人目)と広瀬章人八段(左から2人目)=1日午後7時20分、指宿市の指宿白水館
 将棋の藤井聡太竜王=王位・叡王・王将・棋聖との五冠=(20)に広瀬章人八段(35)が挑む第35期竜王戦7番勝負の第6局が2、3の両日、鹿児島県指宿市の指宿白水館で指される。これまで藤井竜王の3勝2敗で、初防衛を懸けた対局になる。1日夜は同館で開会式があり、藤井竜王は「注目に応えられるような熱戦にできれば」と語った。

 式では両者が登壇し、関係者40人を前にあいさつした。藤井竜王が指宿を訪れるのは、昨年12月にあった竜王初戴冠の祝賀会以来2度目。「(指宿での)対局は始めてだが、去年対局室を見学しており、リラックスして臨めると思う」。4期ぶりの竜王奪還を目指す広瀬八段は「苦しい星取りだが、勝って縁起のいい場所にしたい」と意気込みを語った。

 それぞれ車で現地入りした際は、同館社員や市職員らが沿道で横断幕を掲げて歓迎した。藤井竜王を出迎えた市社会教育課の段下望さん(27)は「一瞬だったが、手を挙げて応えてくれた。頑張ってほしい」と話した。