ノロウイルスの食中毒、2年9カ月ゼロ 理由は? 鹿児島県内

 2022/12/02 14:21
啓発チラシを受け取る歩行者=鹿児島市
啓発チラシを受け取る歩行者=鹿児島市
 鹿児島県内で新型コロナウイルスの感染が初確認された2020年3月以降、2年9カ月ほどノロウイルスを原因とする食中毒が確認されていない。全国的な減少傾向にあり、県は「コロナ下で手洗いが徹底されたことが影響しているのではないか」としている。

 県と鹿児島市のデータによると、ノロウイルスによる食中毒は20年2月28日、鹿屋市で集団発生して以降、確認されていない。県内で1年以上確認されないのは記録が残る1998年以降で初めて。これまで2017年71人、18年125人、19年33人など毎年確認されていた。

 ノロウイルスは感染力が極めて強く、アルコール消毒が効きにくい。二枚貝などの貝類のほか、感染者の嘔吐(おうと)物や便に存在。調理者を介した食品汚染による食中毒発生が多いとされる。

 特に冬に増えることから県食品衛生協会は11月30日、12月1日、各地で街頭キャンペーンを展開した。肥後辰彦会長(84)は「引き続き手洗いの徹底、加熱して食べることなどを心掛けてほしい」と話した。

 あわせて読みたい記事