馬毛島基地計画 訓練の飛行経路で「緊急時」の定義とは 防衛省に質問相次ぐ 反対派市民、野党がヒアリング

 2022/12/02 12:04
 鹿児島県西之表市馬毛島への米軍機訓練移転と自衛隊基地整備計画を巡り、地元の反対派市民団体や野党国会議員による防衛省ヒアリングが1日、参院議員会館であった。訓練の飛行経路について「緊急時を除き、示した以外の経路は飛ばない」との同省説明に「緊急時とはどういった事態なのか」と定義を問う質問が相次いだ。

 共産党の赤嶺政賢衆院議員(沖縄1区)は「沖縄では緊急時はめったにないことではなく、いつもあることだ」と指摘。同省担当者は「個別具体的な状況で一概には示せない」と繰り返した。米軍空母艦載機陸上離着陸訓練(FCLP)が実施されている硫黄島周辺の騒音測定も要望したが「デモフライトで音を体感してもらった」とした。

 鹿児島からは「馬毛島への米軍施設に反対する市民・団体連絡会」(西之表市)のメンバーら5人が出席。山内光典会長が計画の白紙撤回を求める要請書を提出した。

 あわせて読みたい記事