竜王戦第6局、指宿市の白水館で始まる 初防衛へ藤井竜王はランチに黒豚カツカレー 広瀬八段は鹿児島黒牛膳

 2022/12/02 20:01
第35期竜王戦七番勝負第6局で初手を指す藤井聡太竜王=2日、指宿市の「指宿白水館」(代表撮影)
第35期竜王戦七番勝負第6局で初手を指す藤井聡太竜王=2日、指宿市の「指宿白水館」(代表撮影)
 将棋の藤井聡太竜王(20)=王位・叡王・王将・棋聖との五冠=に広瀬章人八段(35)が挑む第35期竜王戦7番勝負の第6局が2日、指宿市の指宿白水館で始まった。これまで藤井竜王が3勝2敗で、初防衛に王手をかけている。広瀬八段が午後6時すぎ、70手目を封じて初日を終えた。

 対局は午前9時に先手の藤井竜王が飛車先の歩を指してスタート。「角換わり」の戦型で展開した。

 日本将棋連盟によると、初日の昼食には藤井竜王が「黒豚カツカレー」、広瀬八段が「鹿児島黒牛膳」を選んだ。

 竜王戦7番勝負は先に4勝した棋士がタイトルを獲得する。これまで、第1、第5局を4期ぶりの竜王奪還を目指す広瀬八段、第2~4局は藤井竜王が勝っている。

 同館での竜王戦の対局は2年ぶり5回目。2日目は3日午前9時に封じ手を開封して再開し、午後に終局する見通しだ。