店のストーブが火元か 住家など6棟全焼、89歳男性が顔などにやけど

 2022/12/03 08:42
消火活動をする消防団員ら=2日午後3時9分、肝付町波見
消火活動をする消防団員ら=2日午後3時9分、肝付町波見
 2日午後2時50分ごろ、鹿児島県肝付町波見の商業の男性(89)方が燃えていると、近くの住民から119番があった。男性の木造平屋の住家と店舗のほか、人家2棟と店舗1棟、倉庫1棟に延焼し、計6棟(計約378平方メートル)を全焼した。男性は頭部や顔面にやけどを負い、病院に搬送された。

 肝付署によると、男性は1人暮らし。出火時は店舗内におり、自力で逃げ出した。同署が出火原因や被災者を調べている。男性は「店にあったストーブではないか」と話しているという。

 現場は肝属川と志布志湾の合流部近くで、国道448号沿いに住宅や店舗が立ち並ぶ。約2時間後に鎮火した。