「深く考えられた」 藤井竜王、初防衛から一夜明け会見 対局では初めての指宿に「素晴らしい環境。食事おいしく楽しめた」

 2022/12/04 21:00
「千思万考」と書いた色紙を手にする藤井聡太竜王=4日、指宿市の指宿白水館
「千思万考」と書いた色紙を手にする藤井聡太竜王=4日、指宿市の指宿白水館
 将棋の第35期竜王戦7番勝負の第6局で勝ち、初防衛を果たした藤井聡太竜王=王位・叡王・王将・棋聖との五冠=(20)が熱戦から一夜明けた4日、鹿児島県指宿市の指宿白水館で記者会見した。「長い持ち時間の中で深く考えることができた」と振り返った。

 藤井竜王は「一方で、掘り下げて比較できなかったところもあった」とも。「千思万考」と揮毫(きごう)した色紙を手に「千思万考は考えを思い巡らすこと。長い対局では意識していきたい」と話した。

 指宿を訪れたのは昨年12月にあった祝賀会以来2度目で、対局では初。「すばらしい環境を用意してもらった。食事もおいしく楽しむことができた」と語った。

 今期の7番勝負は広瀬章人八段(35)と対戦、対戦成績4勝2敗で勝利、通算タイトル獲得は11期目となった。年内のタイトル戦は終了し、来年1月8、9日に開幕する王将戦7番勝負で羽生善治九段(52)を挑戦者に迎え、初防衛を目指す。

 羽生九段とタイトル戦で初対決となる藤井竜王。「大舞台で対戦できるのは楽しみ。(羽生九段は)挑戦者決定リーグは6戦全勝で内容も充実している印象だ。しっかり状態を整えて臨めれば」と意気込みを語った。