イルミネーション 冬彩る50万球の輝き 家族連れ、カップル楽しむ 伊佐・曽木の滝公園

 2022/12/06 09:34
50万球以上の電球で彩られた空間を満喫する来場者=3日、伊佐市の曽木の滝公園
50万球以上の電球で彩られた空間を満喫する来場者=3日、伊佐市の曽木の滝公園
 鹿児島県伊佐市の曽木の滝公園で、イルミネーションの点灯が始まった。50万球以上の光が演出する幻想的な空間を、多くの家族連れやカップルが楽しんでいる。来年2月15日まで。

 秋の紅葉シーズンをピークに観光客が減る公園を冬も楽しんでもらいたいと、曽木の滝や川内川を活用した観光振興を図る観光地域づくり法人「やさしいまち」(坂元正照会長)が企画した。大規模な装飾は初めて。

 3日夜あった点灯式では、カウントダウンで、園内の木々や芝生に飾り付けた電球のほか、ペンギン、キリンなど動物の置物も一斉に点灯。来場者はフォトスポットで写真を撮るなどして、光の空間を満喫した。

 姉妹で訪れた同市大口大島の崎山咲さん(18)、唯さん(大口中央中2年)は「想像以上にきれいで驚いた。伊佐にたくさんの人が遊びに来てほしい」。坂元会長は「地域の人の笑顔が見られて何より。来年はもっと大規模に、九州一のイルミネーションにしたい」と話した。

 点灯時間は午後5時半~9時。