川内原発の「基準地震動」見直し 九電「2月めどに審査に諮る」 規制庁は手続き遅れを懸念

 2022/12/06 10:32
九州電力川内原子力発電所(薩摩川内市)
九州電力川内原子力発電所(薩摩川内市)
 原子力規制庁は5日、原発の耐震設計の目安となる揺れ「基準地震動」の見直しに関する意見聴取会を開き、九州電力の川内(鹿児島県薩摩川内市)、玄海(佐賀県玄海町)両原発の手続き遅れへの懸念を示した。

 原発の地震対策の新規制基準では、断層などが地表に現れない「未知の震源」による地震を新手法で評価するよう要求。九電は原子力規制委員会に申請済みだが、追加の評価が必要となっている。規制委の許可期限は2024年4月。

 聴取会には各原発事業者が出席。九電は見直しの前提となる「未知の震源」の設定について、「年明け2月をめどに審査に諮る予定」とした。これに対し規制庁は「(2月の了承と、その後の対応も)仮定の話でしかない」と指摘した。

 大島俊之原子力規制部長は総括で、遅れが目立つ九電を念頭に「(耐震)工事の規模、見通しが明らかになっていない社がある」と述べた。