俳優・上大迫祐希さん、鹿児島市で舞台あいさつ「出身地でできて幸せ」 初主演映画「神田川のふたり」 ガーデンズシネマ、11日から本上映

 2022/12/09 12:05
映画「神田川のふたり」で舞台あいさつする上大迫祐希さん=鹿児島市のガーデンズシネマ
映画「神田川のふたり」で舞台あいさつする上大迫祐希さん=鹿児島市のガーデンズシネマ
 鹿児島市出身の俳優・上大迫祐希さん(21)初主演映画「神田川のふたり」(いまおかしんじ監督)が2日、同市のガーデンズシネマで上映され、上大迫さんが舞台あいさつした。

 高校生の男女の小さな旅を描く青春ドラマで、県内では初公開。上大迫さんは「念願の舞台あいさつを出身地でできて幸せ」と笑顔で語り、満席の会場から大きな拍手を受けた。

 小学校時代の担任だった祝真吾教諭(56)は「心温まる作品。昔の元気な姿の面影があった」。主演2作目を鹿児島ロケ中の上大迫さんは「地元ならではの温かい雰囲気で、撮影の励みになる」と話した。本上映は11~16日(火曜休館)。

 あわせて読みたい記事