出水で8例目の鳥インフルか 22万羽の養鶏場 陽性なら殺処分は累計100万羽超に

 2022/12/08 21:17
【資料写真】殺処分のため養鶏場へ向かう県職員ら=出水市高尾野体育館前
【資料写真】殺処分のため養鶏場へ向かう県職員ら=出水市高尾野体育館前
 鹿児島県は8日、出水市野田にある養鶏場(採卵鶏22万羽)で鳥インフルエンザの疑い例が確認されたと発表した。遺伝子(PCR)検査で陽性となれば、県内養鶏場での発生は今季8例目。今シーズンの殺処分の累計は100万羽を超え、県内で飼われている採卵鶏の9.4%に上る見込み。