パワハラが原因? 鹿児島県派遣の和泊副町長が退職願 町長「なかったが…」庁内の動揺を考慮

 2022/12/09 07:39
 和泊町の伊原拓也副町長が7日付で退職願を提出した。9日に承認される見通し。町によると、パワハラ発言を受けたと職員から相談があり、町長は「パワハラはなかった」と結論づけたが、庁内の動揺を招いたとした。

 伊原氏は鹿児島県が派遣した元職員で、昨年10月副町長に就任した。県は再度採用する方向。

 町によると、9月に職員が上司に相談。前(すすめ)登志朗町長が両者から聞き取りし、伊原氏と協議した上で、県に派遣終了の要請を決めた。伊原氏は「発言した記憶はないが、職員が精神的ダメージを受けたなら謝罪する」と話したという。