重症者病床使用率、過去最高の38% 新たな感染は4644人(医療圏別:鹿児島2040、姶良・伊佐934、肝属436、南薩335、川薩301、奄美212、出水177、曽於146、熊毛63)新型コロナ6日発表

 2023/01/06 21:00
 鹿児島県は6日、新たに4644人の新型コロナウイルス感染者と9人の死亡を確認したと発表した。新規感染者は前週の同じ曜日を2140人上回り、2日連続で4000人を超えた。病床使用率は前日比2.8ポイント増の72.9%。重症者用は6.4ポイント増の38.7%で、昨年8月に記録した35%を超え、最高を更新した。

 複数の死者が確認されるのは14日連続。県と鹿児島市によると、亡くなった9人のうち、1人は医療機関に入院していた70代男性で死因はコロナ以外。1人は同市在住でコロナ感染後、医療機関に入院中だった。残り7人の年代、性別、死因は非公表。県内の累計死者は639人になった。

 新規感染者の医療圏別は鹿児島2040人、姶良・伊佐934人、肝属436人、南薩335人、川薩301人、奄美212人、出水177人、曽於146人、熊毛63人。

 年代別では20代の818人が最多で40代の708人、30代685人と続いた。フォローアップセンターでの感染確定者は334人、みなし陽性は6人だった。

 県内の累計感染者は38万3230人になった。入院のうち重症12人、酸素投与が必要な中等症122人。県は6日、最大確保病床を4減の722床とした。