H2Aロケット46号機、26日午前10時49分に打ち上げ 寒波で1日延期、情報収集衛星搭載 種子島宇宙センター

 2023/01/25 07:50
打ち上げられるH2Aロケット45号機=2021年12月23日、南種子町の種子島宇宙センター
打ち上げられるH2Aロケット45号機=2021年12月23日、南種子町の種子島宇宙センター
 三菱重工業は26日午前10時49分20秒、政府の情報収集衛星「レーダー7号機」を載せたH2Aロケット46号機を、鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターから打ち上げる。当初は25日予定だったが、10年に1度とされる寒波の影響で1日遅らせた。

 レーダー7号機は昼夜や天候を問わず、電波を使って地表を撮影できる。北朝鮮のミサイル発射施設などを監視する事実上の偵察衛星で、大規模災害時の被災地把握にも役立てる。

 H2Aは2005年の7号機から39機連続で成功している。