鹿児島市で4センチの積雪、溝辺では氷点下8.3度観測 各地で交通事故も相次ぐ 県内の大雪警報は解除

 2023/01/25 12:30
出水市内は平野部でも路面が凍結。スリップして歩道に乗り上げ、電柱に衝突したトラック=24日午前、同市高尾野
出水市内は平野部でも路面が凍結。スリップして歩道に乗り上げ、電柱に衝突したトラック=24日午前、同市高尾野
 24日から九州南部に入り込んだこの冬一番の寒気は25日未明に弱まり、鹿児島地方気象台は同日午前4時20分、鹿児島県内の16市町に出した大雪警報を解除した。気象台は引き続き積雪や路面の凍結による交通障害、農作物や農業施設の管理、低温による水道管の凍結に注意を呼びかけている。

 24日は県本土全域で雪が降り、25日は鹿児島市東郡元町の気象台で午前0時、4センチの積雪を観測した。最低気温は午前10時現在、県内20地点で氷点下を記録。霧島市溝辺で同8.3度、志布志市で同5.9度となっている。

 県警交通企画課によると、県内では24日からの雪の影響とみられる交通事故が相次いでおり、25日午前11時現在で物損213件、人身12件が発生した。薩摩川内市網津町の国道3号では24日午後11時半ごろ、軽ワゴン車と大型トラックが衝突。軽ワゴン車を運転していた阿久根市赤瀬川の男性会社員(32)が意識不明の重体となっている。