限定販売の氷結ストロング「辺塚だいだい」 キリンビールが地元住民と二人三脚で完成にこぎつけた…先進事例から学び、鹿屋の食材の販路拡大探る

 2023/02/19 12:44
鹿屋の食材を使った料理の試食会=鹿屋市のホテルさつき苑
鹿屋の食材を使った料理の試食会=鹿屋市のホテルさつき苑
 鹿児島県鹿屋市は地元の食関連産業の活性化を狙う「食・農ビジネスかのや未来フォーラム」を初開催した。市内のホテルであり、市内外の関係者約150人が参加。地元食材を活用した料理の試食会や先進事例の発表を通してビジネスチャンスを探った。

 試食会のメニューは同市在住の料理研究家、門倉多仁亜さんが監修した。9日、かのや特産品コンクールで入賞した「梅酒」と「ピクルス」を使った前菜など6品が並べられ、参加者は商品化の着想を得たり、情報交換したりした。

 キリンビール九州支社の井本亜香支社長は、2020年に限定発売した「キリン氷結ストロング鹿児島産辺塚だいだい」を事例に講演。「打ち合わせや試飲など地元住民と協働で完成させた商品だった。地域課題を全て解決することはできないが、販路開拓や知名度向上に貢献していればうれしい」と語った。

 参加した焼き芋店「おいもや」の営業担当長崎尋さん(30)=同市田崎町=は「6次産業に興味があり参加した。発想力をいかに発揮できるかが大切だと刺激を受けた」と話した。