時計 2020/10/29 22:00

中国出身・劉さん、二胡で豪雨被災地支援 霧島で11月にコンサート

二胡を構える劉福君さん=霧島市国分
二胡を構える劉福君さん=霧島市国分
 日本で30年近く活動する二胡(にこ)奏者、劉福君さん(57)が11月14日、霧島市のみやまコンセールで、7月の熊本豪雨を支援するチャリティーコンサートを開く。同時期に中国でも洪水被害が起きた。「両国の被災地復興を願ってステージに立つ」と語る。

 中国・吉林省出身。2000年に日本国籍を取得し、鹿児島市や薩摩川内市など九州各地で二胡教室を開く傍ら演奏活動を続ける。

 7月豪雨では拠点にする熊本の球磨川が氾濫。中国も連日記録的な雨が続き、洪水、土砂災害による死者、行方不明が140人を超えたという。

 今回のコンサートには揚琴、古箏(こそう)の奏者も加わり、日中の名曲を披露する。「二胡の音色は女性の声で歌うようにも聞こえるし、馬のいななきや小鳥のさえずりも表せる。生の音をぜひ聴いてほしい」。

 当日・前売り共通3000円。九州二胡教室=090(9796)8602