時計 2021/01/10 23:00

新春ドリームサッカー、児童ら80人が楽しむ 鹿児島市

ウオーキングサッカーを楽しむ参加者ら=鹿児島市の県立サッカー・ラグビー場
ウオーキングサッカーを楽しむ参加者ら=鹿児島市の県立サッカー・ラグビー場
 「2021新春ドリームサッカー」が10日、鹿児島市の県立サッカー・ラグビー場であった。小学生など約80人が、スローイン競争などサッカーにちなんだゲームや、障がい者サッカー体験を楽しんだ。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため事前応募者のみが参加。事前の検温やマスク着用の上で実施された。目隠しをして鈴の音を頼りにボールを追う「ブラインドサッカー」や、全員が歩いてプレーする「ウオーキングフットボール」では、慣れない感覚に苦戦する姿も見られた。J3鹿児島ユナイテッドFCの応援リーダー・田上裕さんも小学生らと汗を流した。

 同市星峯西小4年の水迫優斗君は全競技に参加し、「ウオーキングフットボールは走ることができなくて難しかったが、一番楽しかった」と笑顔。同校4年の日高央童君は「田上さんと一緒にできてうれしい。今年はサッカーをもっと頑張りたい」と喜んでいた。