時計 2021/02/25 20:00

電話で警察安全相談 県警本部に集約 4月にセンター新設 鹿児島県

鹿児島県警本部
鹿児島県警本部
 鹿児島県警は4月1日、県警本部の相談広報課内に「警察安全相談センター」を新設する。電話による各署への相談を原則としてセンターへ転送し受理。来庁の必要性がある場合、各署に対応を指示する。新型コロナウイルスの感染リスク軽減と警察業務の合理化・効率化を図る狙い。

 県警によると、全警察署を対象に全ての時間帯で、電話による警察安全相談を本部へ転送し受理する仕組みは全国初という。

 センターの運用は同日午前8時半から。現在の警察安全相談係をセンターへ移行する。業務上の支障を理由に体制は明らかにしていないが、専従の担当職員を大幅に増やす予定。閉庁時間帯は県警本部当直が対応する。

 警察安全相談はこれまで、電話対応のみで解決する場合が多かった。昨年は4万3377件(前年比2296件増)で、主な内容と内訳は交通関係約16%、刑事関係約10%、家庭・職場関係約7%。

 警察安全相談は、24時間対応の専用電話「♯9110」のほか、県警本部代表電話=099(206)0110で受け付ける。県警は「緊急の場合は110番へ通報し、運転免許や性犯罪などは各専門電話に連絡してほしい」としている。