時計 2021/03/03 15:00

豪商屋敷彩るひな飾り500点 都城・旧後藤家

大正期の人形や金助まりが飾られた薩摩藩由来のひな壇飾り=都城市高城の旧後藤家商家交流資料館
大正期の人形や金助まりが飾られた薩摩藩由来のひな壇飾り=都城市高城の旧後藤家商家交流資料館
 大正期のひな人形や薩摩藩由来の金助まりなど約500点を飾る「雛(ひな)の宿」が、都城市高城の国有形文化財「旧後藤家商家交流資料館」で開かれている。3月14日まで。

 豪商だった後藤家に伝わる豪華なひな人形や晴れ着をはじめ、市民の寄贈品や春の野草を人形に見立てたひな段飾りなどが並び、築120年の豪商屋敷を華やかに彩っている。

 安藤武館長(59)は「早春の訪れを感じながら楽しんで」と話す。高校生以上200円、小中学生100円。午前10時~午後4時、8日休館。同館=0986(58)6900。
広告