時計 2021/04/09 21:30

マスク着けても見分けます JALとNEC 霧島で顔認証技術を実験

マスク着用でも利用出来る顔認証システムの実証実験=9日、霧島市の鹿児島空港
マスク着用でも利用出来る顔認証システムの実証実験=9日、霧島市の鹿児島空港
 日本航空(JAL)とNECが、顔認証技術の実証実験を霧島市内で行っている。顔と虹彩の情報を読み取り、マスク着用でも可能なのが特徴。鹿児島空港や市内観光地に置いたタブレット端末による本人確認で「新時代のおもてなし」が体験できる。21日まで。

 新型コロナウイルスの影響が続く中、非接触型で安心安全なサービスの検証が目的。鹿児島空港が旅客数全国9位(2019年)で一定の利用が見込め、観光地も近いことから霧島市が選ばれた。市や市観光協会の協力で3月末に始まった。

 空港カウンターや霧島神話の里公園などの観光地5カ所を巡るスタンプラリーと、空港内ラウンジへの入室時に試すことができる。ラリーは、事前に自分のスマートフォンで情報登録してポイントに行くと、顔認証でデジタルスタンプが獲得できる仕組みだ。

 JAL鹿児島空港所の小池貴之所長(56)は「今回の結果も生かしながら、デジタル技術を駆使したサービス向上に努める」と話した。
広告