時計 2021/06/10 06:38

馬毛島自衛隊基地計画 市議会賛成派が実質多数に 反対派市長と「ねじれ」 鹿児島・西之表

西之表市役所
西之表市役所
 西之表市馬毛島への米軍空母艦載機陸上離着陸訓練(FCLP)移転を含む自衛隊基地整備計画を巡り、1月の市議会議員選挙で「中立」を訴えて初当選した浜島明人議員(49)が9日、市議会6月定例会の一般質問で「計画に賛成する」と表明した。「基地整備の交付金がなくては市の財政が成り立たない」と述べた。

 浜島議員の態度表明で、定数14の市議会は計画への賛否が7人ずつに割れた。議決権のない議長は反対派が就いているため、議案採決は賛成派が数で上回る。今後の馬毛島関連の市政運営で、八板俊輔市長の方針と市議会の結論に「ねじれ」が生じる可能性がある。

 3月定例会では、2021年度一般会計当初予算案の馬毛島活用事業(391万円)を巡り、計画賛成派から「防衛省との交渉のめどが立たない」などと異論が出た。浜島議員も「事業の実現性が乏しく、新型コロナウイルス対策に使うべきだ」と予算案に反対。計画賛成派に同調する動きを見せていた。

 9日の一般質問終了後、浜島議員は取材に「自衛隊機のデモ飛行の騒音はそれほど大きくなかったという市民の声を聞き、計画賛成をいつ表明するか考えていた」と説明した。八板市長は「議員それぞれ考え方がある。(市政運営への影響は)分からない」と話した。
広告