2021/06/19 21:17

漁師の似顔絵、図解… 味がある 手書きの漁協新聞 37年毎月発行続ける職員 原動力は「楽しみにしてるよ」 鹿児島・長島

手書きの似顔絵やイラストが好評な紙面
手書きの似顔絵やイラストが好評な紙面
 長島町の東町漁協に勤務する石田幸生さん(63)は1984年から毎月、組合員向けの新聞を発行している。パソコンが普及する中であえて手書きにこだわり、6月で455号を迎えた。漁業者の似顔絵もモノクロの紙面を彩り、「味わいがある」と好評だ。

 大阪府出身の石田さんは82年、近畿大水産研究所(和歌山県)から東町漁協に就職。養殖魚の技術指導担当となり、現場に役立つ情報を届けようと「養殖速報」を創刊した。

 以降部署が変わるごとに「市場新聞」「品管だより」「漁協だより」と名称を変えてB4判で発行。水温の変化や魚の病気対策などを細かく紹介してきた。

 10年前からはより身近に感じてもらおうと、漁師や漁協職員の似顔絵も掲載するようになった。吹き出しも多用し、読みやすさに工夫を凝らす。最新号は今年の赤潮の見通しを図入りで解説。組合員の漁師と市場担当の2人の似顔絵が紙面中央を飾る。

 新聞作りは夜自宅で行い、1週間ほどで完成させる。現在の部数は250部。業務中はパソコンを利用するが、「余白の埋め方など柔軟なレイアウトに対応できるのは手書き」と独自のスタイルを貫く。

 「楽しみにしてるよ」との声が制作の原動力という。「見てくれる人がいると思うと、やりがいを感じる。漁協にいる間は続けたい」と話している。
広告