2021/07/28 21:22

コロナ陽性のラグビー・南ア監督が退院 五輪事前合宿の鹿児島から選手村入り

ニール・パウエル監督の新型コロナウイルス陽性確定を伝える南アフリカラグビー協会のホームページ
ニール・パウエル監督の新型コロナウイルス陽性確定を伝える南アフリカラグビー協会のホームページ
 鹿児島市は28日、同市で東京五輪の事前合宿をした男子7人制ラグビー・南アフリカ代表のうち、新型コロナウイルス陽性で市内の医療機関に入院中だったスタッフが退院したと発表した。同日、鹿児島空港から航空機で移動し東京の選手村に入った。

 同国ラグビー協会によると、入院していたのはニール・パウエル監督。鹿児島入りした南ア代表で、監督以外に陽性はいなかった。
広告