2021/08/02 11:15

田んぼにはまった老犬「愛ちゃん」 ご近所が連携プレー、救助し飼い主も見つける

山田中学校の教職員に助けられた老犬「愛ちゃん」と、飼い主の下村イツ子さん=姶良市下名
山田中学校の教職員に助けられた老犬「愛ちゃん」と、飼い主の下村イツ子さん=姶良市下名
 姶良市下名で7月中旬、田んぼで動けなくなっていた老犬が地域の連携プレーで無事、飼い主の元に戻った。近くの山田中学校の教員が助け出し、校区コミュニティ協議会が家を捜し当てた。救助から1時間程度のスピード解決に関係者は「地域のつながりがあってこそ」と喜んでいる。

 犬は、近くの飲食店経営下村イツ子さん(70)と暮らす「愛ちゃん」。雑種の雌で16歳になるという。

 15日朝、学校周辺を見回っていた飯山哲志校長(55)が、下村さん宅から約500メートル離れた学校横の田んぼで、ぬかるみに後ろ足がはまって動けなくなっている愛ちゃんを発見。教員らも駆け付けて4人掛かりで救出し、泥を洗い落とした。

 ただ、飼い主が分からない。困った末にコミュ協に相談。すると事務局長の崎山亮一さん(66)が「愛ちゃんが行方不明」と聞いており、すぐに下村さんへ引き渡した。「普段からの住民同士の声掛けや付き合いのおかげ」。飯山校長も「地域のつながりに改めて気付かされた」と語る。

 愛ちゃんは14日夜、雷に驚いて逃げ出したらしい。下村さんは「目も悪く、歩くのもおぼつかない。その夜は心配で眠られなかった。皆さんに感謝しかない」と話している。