2021/07/31 21:30

白砂青松の海岸に大量の漂着ごみ 台風で漂着か、目立つ外国語表記 鹿児島・大崎町

コンテナの一部とみられる漂着物を除去する重機=大崎町の横瀬海岸
コンテナの一部とみられる漂着物を除去する重機=大崎町の横瀬海岸
 白砂青松で知られる大崎町の海岸に、台風の影響とみられる漂着ごみが大量に打ち上がった。海外のプラスチック製品が目立ち、壊れたコンテナもあった。町はごみを除去し、リサイクルできるものがあるか検討する。

 町によると、7月22日に住民から役場に連絡があった。約7キロの海岸線にごみが散乱し、シルバー人材センターの協力で撤去に着手した。プラスチックごみは、大丸地区農業構造改善センターに一時保管した。

 中国語が記されたものが目立ち、ヘルメット、ポリ容器、カゴ、漁具、ウレタン製品などのほか、テレビもあった。コンテナは漂着後に海に流出し、再び流れ着いた。長さ7~8メートルほどあり29日、重機で除去した。

 町は漂着状況などから、沖縄付近を通過した台風6号が影響したと推測。住民環境課は「プラスチックごみがこれほどまとまって漂着するのは初めて」としている。
広告