2021/09/15 11:45

咲きほこる君たちへ― 長渕剛さん、幼稚園の「SORA」に描いたヒマワリ 鹿児島市の古里をサプライズ訪問

壁画の前で記念撮影をする長渕剛さんと園児=鹿児島市の唐湊幼稚園(撮影時だけマスクを外しています)
壁画の前で記念撮影をする長渕剛さんと園児=鹿児島市の唐湊幼稚園(撮影時だけマスクを外しています)
 シンガー・ソングライターの長渕剛さん(65)=鹿児島市出身=が13日、自身が通っていた同市唐湊4丁目の唐湊幼稚園をサプライズで訪れ、園舎の壁に燃えるようなヒマワリを描き上げた。青空をモチーフにした園舎にヒマワリが加わり、園児たちを喜ばせた。

 壁画の大きさは約3メートル四方。長渕さんは園にあったペンキを使って、15分ほどで描き上げた。「咲きほこる君たち 君たちは真夏の空にいどみかかるひまわりだ」とのメッセージも添えている。

 これまでも何回か園を訪れ、園児たちと交流してきた長渕さん。14日、南日本新聞のインタビューに応じ「新型コロナウイルス下でも、前向きで元気いっぱいな子どもたちの姿を、自分の好きなヒマワリに重ねて描いた」と語った。

 突然の訪問に初めは驚いた園児たちも、長渕さんが生み出す力強く鮮やかなタッチに夢中で見入った。年長組の高橋奈々心(ななみ)ちゃん(5)は「めちゃくちゃイケメンだった」とにっこり。鹿野ゆりあちゃん(5)も「家に帰ったら、お兄ちゃんに自慢したい」とうれしそうに話した。長渕さんは描き終えた後、園児からの質問にも気軽に応じ、一緒に笑顔で記念写真に収まった。

 福留正人園長によると、園舎は青空をモチーフにしており、長渕さんの楽曲「空/SORA」を基にデザイン。「いつの日か、長渕さんに絵を描いてもらいたい」と願い、建物入り口付近のスペースは20年ほど前から空けておいたという。

 福留園長は「壁画を宝物のように大事にして、子どもたちに長渕さんのメッセージを伝えていきたい」と声を弾ませた。
広告
広告