85歳 黒毛和牛飼育、トラクターで畑仕事 かくしゃく「私の生きがい」 鹿児島

 2021/09/20 07:30
畑でトラクターを運転する年神ミエ子さん=曽於市財部
畑でトラクターを運転する年神ミエ子さん=曽於市財部
 曽於市財部町下財部の年神ミエ子さん(85)は、9年前に79歳だった夫の文夫さんを亡くし、一人で黒毛和牛の生産に励んでいる。トラクターで畑仕事もこなす元気ぶりだ。

 文夫さんが元気なころは、生産牛約10頭を飼い、米栽培や畑仕事、林業などに夫婦で汗を流していたという。しかし、女手一つになってからは多くの牛を世話するのは大変。少しずつ減らし、現在は1頭だけになった。

 とはいえ、早朝から餌やりや牛舎の掃除、堆肥の処理など楽ではない。特に子牛の出産の時は神経を使う。餌は飼料のほか、畑で育てた青草を刈り取って食べさせる。

 子牛は年に1頭生まれる。最近の競り値は60万円ほどだったが、過去に100万円以上の値を付けて表彰を受けたこともある。「あのときはうれしかった」と顔がほころんだ。今は、10月半ば予定の子牛の誕生を楽しみにしている。

 畑は3000平方メートルほど耕作。自分で食べる分の野菜も栽培する。5年前にくも膜下出血で20日間入院したときは「この先どうなることかと心配した」。その後回復し、動けるようになった。

 2人の息子は独立し、財部と福岡市で暮らす。家族や近所の人たちが「無理はしないで」と気遣ってくれるのがうれしい。「牛は私の生きがい。元気なうちは働き続けたい」と意欲は衰えない。
広告