【かお】ヒガンバナが好きだった愛妻。がんで亡くなって13年。「たくさん植えたら、きれいだろうね」。〝遺言〟は人集う500メートルの赤い道になった

 2021/09/30 21:13
妻を思い、13年間一人でヒガンバナを世話する上田篤さん
妻を思い、13年間一人でヒガンバナを世話する上田篤さん
 〈13年間にわたり一人でこつこつ、田んぼの土手でヒガンバナを育てる=上田篤(かんだ・あつし)さん。伊佐市、90歳〉

 毎年9月下旬になると、伊佐市の国道268号近くにある田んぼの土手一帯が真っ赤に染まる。約500メートルにわたって、咲き誇るヒガンバナを13年間、一人で世話している。

 1965(昭和40)年に妻の咲子さんと結婚。夏は農業に励み、冬は愛知で出稼ぎするなどして家庭を支え続けた。老後は、共通の趣味であるお酒とカラオケをたしなみ、たまにけんかしながらも楽しく過ごしていた。

 そんな幸せな日々が続くと思っていた2008年4月、がんで愛妻を亡くした。にぎやかだった生活は、一気に静かになった。寂しさに暮れていた時、ヒガンバナ好きだった咲子さんが「たくさん植えたら、きれいだろうね」と話していたことを思い出した。

 「よし、土手をヒガンバナでいっぱいにしよう」。手始めに、所有する田んぼの土手に生える草を払い、約75メートルに球根を植えた。周りの田んぼの持ち主に許可を得ながら、少しずつ赤いじゅうたんを広げていった。春先から雨の日でも毎日通い、手入れに没頭する。

 近年は新聞やテレビで取り上げられることが増え、伊佐の観光名所になった。「楽しい思い出が事故で台無しにならないように」と、訪れる車の誘導にも余念が無い。

 「みんなが褒めてくれるので、やめられない」と笑う。「たくさんの笑顔を見られることが何よりうれしい。腰は痛いが、元気なうちは咲かせ続ける」と意気込む。雨などで空いた時間は大口大田の自宅で読書にふける90歳。
広告